2013年07月05日

夏のアースキッズ(キャンプ)の報告はこちら!

2013年度の夏のアースキッズへのお申込、キャンプによってはまだ間に合います!

過去の報告はこちらから!
(同様のキャンプでもキャンプ名が多少異なる場合があります。)

・わんぱくキャンプ
※今季新企画につき、同様のキャンプはありません。

・夏の自由研究お助けキャンプ
※今季新企画につき、同様のキャンプはありません。

はじめてのお泊りキャンプ
http://earth-kids.sblo.jp/article/60203360.html


びわ湖一周キャンプ
http://earth-kids.sblo.jp/article/60207393.html


無人島サバイバルキャンプ
http://earth-kids.sblo.jp/article/47959970.html



フィッシングキャンプ
http://earth-kids.sblo.jp/article/60016006.html


恐竜時代の化石発掘にチャレンジ
http://earth-kids.sblo.jp/article/60319856.html


スペースアドベンチャー
http://earth-kids.sblo.jp/article/60243773.html


・海辺のふるさと体験ツアー
※今季新企画につき、同様のキャンプはありません。

とことん川遊びと里山の夏祭り
http://earth-kids.sblo.jp/article/60201674.html



IMG_5178.JPG
posted by PENS at 11:29| 告知

2013年05月31日

2013年度夏のアースキッズ お申込スタート!

今年度も夏のアースキッズ(キャンプ)のお申込がスタートしました!

たくさんのお子さんのご参加をお待ちしております!


○PENS夏のアースキッズHP
http://www.pens-p.com/kids-2013natu.html


○夏アースキッズちらし表
tirasi-omote2013.6.jpg

○夏アースキッズちらし裏
tirasi-nakami2013.6.jpg


posted by PENS at 09:44| 告知

2013年01月15日

1月スキースクール!!

1月12日(土)〜14日(月祝)で、
「1月スキースクール」@乗鞍高原
を実施しました雪

神戸と京都からたくさんの子どもたちが参加してくれ、
にぎやかなスキースクールでした!

初日はとてもいいお天気で、
気持ちよくスキーのレッスンをスタートすることができました。
初心者班の子たちは片方ずつスキーをつける練習から
両足にスキーをつけて歩く練習をし、
初級〜上級班の子たちは、足ならしのため緩斜面で練習をして、
初日のレッスンが終わりました。

移動&スキーで疲れた後は、お待ちかねの晩ご飯。
なんとバイキングですレストラン

野菜も食べるけど、やっぱり大好きな揚げ物やデザートは、
何回もおかわりしていました…

初日の夜はグループで自由に過ごし、早めに就寝しました。

そして、2日目!
2日目は一日丸々スキーの日。
この日も快晴で、雪がたくさんのスキー場なのに
みんな汗だくでレッスンしました!
初心者班は、緩斜面で足を「ハの字」にして滑って止まる練習、
初級〜上級班はゲレンデに出て、いろんな斜面を使って
それぞれのレベルに合わせたレッスンを行いました。

いい天気だったので、特に初心者の子たちは、
しょっちゅうゴーグルが曇ったり、ニット帽が暑すぎたり、
足が思う様に動かなかったりで、
時には泣いてしまった子もいましたが、
それでもちょっと上手く滑れるとうれしそうな笑顔♪
みんな最後までレッスンがんばりました!!

夜は、レクリエーション大会で、いろんなゲームで大盛り上がりグッド(上向き矢印)
みんなゲラゲラ笑って、お腹も筋肉痛!?
最後に、2日間の想い出をグループのみんなで「写真」にしました。
それぞれどんなシーンを表しているか、わかるかな…!?

えび.JPG

えん.JPG

ケーツ.JPG

はっち.JPG

ぽかり.JPG


最終日は、昨日までの天気と打って変わって、大雪!!
昨晩から30センチも積もったパウダースノーで、
スキーをしました。

初心者班の子たちも、しっかり「ハの字」でゲレンデの
長い距離を滑って降りてくることができましたわーい(嬉しい顔)

3日間で、「快晴」と「吹雪」という極端な天気の中スキーをし、
いろんな雪景色の中スキーをすることができました!!

スキーを通して、「悔しい!」「しんどい!」という気持ちでも、
がんばれば、「できた!」「やった!」「うれしい!「楽しい!」
という気持ちになることができる、ということを少しでも
感じてもらえたらいいなと思います。

奥 京子(ぱぴこ)
posted by PENS at 17:51| 報告

2012年12月06日

キミも探偵キャンプ!


「ちびっこ探偵団の諸君、キミたちの挑戦を百井で待っているよ。」


いきなり怪盗からのメッセージが届くという驚きの展開からスタートしたこのキャンプ!
子どもたちは朝からワクワク・ドキドキの連続です。


バス停からの道中でも怪盗からの指令があり、頭の中は怪盗のことで満タンでした!


到着するとなんとみんなが使うはずだったテントが怪盗によって隠されていました。
百井に到着してからの時間は怪盗からの指令・挑戦状とちびっこ探偵団の知恵比べ!



怪盗からの指令と挑戦を達成し
最終日に無事に百井の宝を取り戻すと、そこからは怪盗探し!


「もしかしたら指紋が残っているかも!?」


ということでさっそく宝に指紋が残っていないかを確かめると、、、、
残っていました!!!!!!


そこからはちびっこ探偵団の小さな探偵さんによる指紋チェック!
容疑者はもやし・しそいち・なごんの3名、、、、


怪盗は、、、、


、、、



お子さんに聞いてみてください!


このキャンプを通して、
子どもたちは自分自身の手でたくさんのことに挑戦しました。
これをきっかけとして、わからないことは自分で考えてみる。
それでもわからなければ友達に聞いてみたり、協力してみる。
といったことを感じてもらえていれば良いなぁと思いました!


来年もお待ちしております!

文責:大野 元靖(もやし)
posted by PENS at 16:11| 報告

原始人キャンプ

原始人の生活をしてみよう!というこのキャンプ、、、

普段は考えもしないことなどをたくさんすることができたキャンプになりました。
 
初日はテント設営を行い、そこからは弓作りをしました。
弓の材料は、百井青少年村内に落ちている杉の枝!

自分の好きな形や大きさのものを拾いに行き、紐をつかってつくりました!

大人でもびっくりするくらいの大きさの弓矢を作っている子や、小さくて遠くまで飛ぶ弓矢をつくっている子など、一人ひとり個性的な弓矢をつくっていました。


「川の向こう岸まで飛ばすぞ!」とリーダーと対決している子どももいました。


その後は火をつけたり勾玉作りに原始人クッキーをつくったりなどなど、、、、

それぞれの活動で子どもたちはイキイキと活動していました!

写真は原始人クッキー作りのものです。


原始人.jpg





好きな形で上手に焼くことができたので、
「おうちに持って帰りたい!」い
という子どもがいたくらい上手にできました!

文責:大野 元靖(もやし)
posted by PENS at 15:47| 報告

2012年11月26日

恐竜時代の化石発掘にチャレンジ!

こんにちは。瀧口です。

2012年11月24日(土)〜25日(日)で
恐竜時代の化石発掘にチャレンジ!〜1億2000万年前の地球へ!〜を
おこないました。

京都からバスで石川県白山恐竜パーク、福井県立恐竜博物館へ行きました。

私が子どものころは、日本には恐竜は住んでいなかったと考えられて
おりました。が、時代が経てば新たな発見があるもので。

2000年に日本で始めて学名がつけられた恐竜「フクイラプトル」が
発見されたのと同じ地層からとった岩を使って化石発掘をおこないました。

s-IMG_3856.jpg
 恐竜にのぼったり。

s-IMG_3889.jpg
 発掘しました。

s-IMG_3891.jpg
 でました!

s-IMG_3917.jpg
 ないなー。

s-IMG_3936.jpg
 まとめてみつかりました。

s-IMG_3942.jpg
 あったよー。


発掘のあとは、白山恐竜パークの見学をおこないました。

s-IMG_3956.jpg
 見てます。

夜は宿舎でクリーニング体験。
s-IMG_4082.jpg
 真剣です。

s-IMG_4048.jpg
 食事のあとは片付けをしたり、

s-IMG_3971.jpg
 ベッドメイキングも自分で。

s-IMG_4140.jpg
 なんかねじれてない?

2日目は世界でも最大級の恐竜博物館へ行くので、
漫然と見てただ「楽しかった」「すごかった」で終わらないよう、
研究テーマを決めてもらいました。
s-IMG_4131.jpg
 ぼくはこれがいいと思う。

2日目
s-IMG_4159.jpg
 お掃除、片付けも。

s-IMG_4167.jpg
 ごはんを食べて、

s-IMG_4197.jpg
 福井県恐竜博物館へ。

各班のテーマは、
・恐竜の色は何色か。
・巣を外敵に襲われたとき、卵をどうしていたか。
・恐竜はいつ生まれ、いつ滅びたか。
・恐竜の視力はどのくらいか。

でした。
視力。人間と同じくらいなのでしょうか。もっと良いのでしょうか?
もっと悪いのでしょうか? それはどうやって調べたらいいのでしょうか?
そもそも分かっているのでしょうか。どうやったら調べることが
できるのでしょうか。

各班、調べられる限り調べていました。
直接答えにたどりつかなくても、その調べる際に分かった周辺知識が
充分面白いです。

s-IMG_4234.jpg
 メモっています。

s-IMG_4253.jpg
 どの時代にどんな生き物が。

s-IMG_4261.jpg
 にらめっこ。

s-IMG_4273.jpg
 樹も進化しています。

s-IMG_4314.jpg
 どんな風に発表する?

s-IMG_4308.jpg
 本で調べたり。

s-IMG_4312.jpg
 絵の方がわかりやすいんちゃう?

s-IMG_4320.jpg
 そして発表です。

みんな限られた時間の中で、調査をし、一度情報を集めて、
足らない情報をもう一度調べて、再度集めて、どのように発表するかを決めて、
原稿や絵を用意し、だれがどの原稿を読み誰がどのタイミングで絵を出すのかを
決め、練習し、発表。をしていました。
もちろん出来てない班もあり、見事にできている班もあり。

それぞれが恐竜だけでなく、調べ方、発表の仕方を学んでいました。

もちろん発表することそのものが目的ではなく、今回であれば
より恐竜を知ることに意欲的になれるように研究発表という手段を
使いました。興味が持てることであれば、そこから多くの学びが得られます。

PENSは体験学習の機関として、楽しかっただけではなく、
そこから学びがある場として活動していきたいと思っています。

 瀧口
posted by PENS at 16:39| 報告

2012年11月24日

野外でクッキングキャンプ!

ぱぴこです!

2012年8月8日〜9日で、「野外でクッキングキャンプ」を実施しました。
実施場所は、京都市百井青少年村(キャンプ場)でした。

野外でクッキングキャンプとは、その名の通り、
野外で料理を作って食べ、作って食べ、作って食べ…
というキャンプなのですが、なんといっても「野外」なもので、
ガスコンロも、IH調理器もありません。
ではどうやって???
それは、マッチで火をつけて、薪に火をうつして火を大きくし、
必要に応じて小さくしたりしながら作ります!

しかも、初日の晩ご飯は、限られた食材を使って、
自分たちでメニューを考えるところから始まりました。
そしてさらに、みんなで作った料理を、屋台風にしてみんなにふるまい、
立食パーティー形式で食べることになりました!

パーティーの準備が始まると、子どもたちは、さっそく食材を見ながらメニューを考えます。
さすが「クッキングキャンプ」ということもあって、子どもたちみんなから、
自分が食べたいメニューがどんどん飛び出してきました。

その中から、今回作れそうなものだけを作れるだけ作ってみることに!

メニューが決まれば、屋台の看板を作る子、包丁で野菜やお肉を切る子、
火を起こす子、薪を集めに行く子、調理する子、お店のセッティングする子…
子どもたちは率先して自分の役割を見つけて動いていました!

IMG_1991.JPG

IMG_1995.JPG

そしてついに完成です!!
子どもたちは、自分たちが作った料理を屋台に出して、
声を張り上げてお客さん(他の子どもたち)にふるまってくれました。

IMG_2002.JPG

そして、2日目は、朝からカートンドック、食べ終わるとすぐに、お昼の手打ちうどん、
そしてデザートのわらび餅を作りました!

IMG_2006.jpg
カートンドック

IMG_2009.jpg
うどんをこねます

IMG_2018.JPG
うどんをのばします

IMG_2021.JPG
うどんを切ります

手打ちうどんは、ながーーーいうどんにはならず、みじかーーーいうどんになりましたが…
やはり自分で作ったのが美味しかったようで、みんなおかわりしていました!

わらび餅は、最後に冷やす時に、子どもたちから「川で冷やそう!」という声がでたので、
みんなが作ってくれた川のダムにお鍋をつけて、冷やしました。
実は百井キャンプ場に流れる川は、真夏でもとーっても冷たいのです!
おかげでいい感じに冷やすことができました!

IMG_2022.jpg
川で冷やしたわらび餅


毎回のご飯を手作りで、しかも野外で…ということで、
子どもたちは悪戦苦闘していましたが、
普段の生活の便利さや、料理を作るということの大変さと、
大変だけど自分で作ったらおいしい!ということを実感してくれた2日間だったのではと思います。

posted by PENS at 15:25| 報告

ぼくらの秘密基地キャンプ!

ぱぴこです!

2012年8月4日〜6日で、「ぼくらの秘密基地キャンプ」に行ってきました。
実施場所は、京都市百井青少年村というキャンプ場。

キャンプ場に着くと、どうやらわたしたちは大昔に
タイムスリップしてしまったようです!!
タイムスリップをしたことが、タイムパトロールという怖い人にバレてしまったら大変!
ということで、秘密基地を作って隠れよう!ということになりました。

さっそく、場所決めから秘密基地の設計図、材料集めを始めます。
「タイムパトロールが来たら、牢屋に入れよう!」と言って、秘密基地に牢屋を作ったり、
秘密基地をお掃除するためのほうきを作ってみたり、秘密基地の周りに落とし穴を作ってみたり…
同じ秘密基地でも、班によっていろんな工夫をしていました。

IMG_1929.JPG

IMG_1930.JPG

IMG_1940.JPG

IMG_1941.jpg


そして2日目の夜…

ついにタイムパトロールが、タイムスリップをしたわたしたちを
取り締まりにくる時間がやってきました。
見つかったらどこかに連れて行かれる!?
子どもたちは、必死に秘密基地に隠れてタイムパトロールが去るのを待ちます…
あやしいライトを持ったタイムパトロールは、
秘密基地のすぐ近くまでやってきましたが、
みんなでがんばって作った秘密基地に隠れて、
なんとか誰も連れて行かれずに隠れきることができました!

ヨカッタヨカッタ。。。

その後は、テントに戻って寝る班もありましたが、
秘密基地でそのまま朝までぐっすりの班もありました!

SANY0310.JPG

そして、最終日は、タイムスリップしてしまった証拠を隠滅するために、
秘密基地を解体しました。
せっかく作った自分たちの秘密基地…
解体する時は少し寂しそうでしたが、全部自然に返しました。

子どもたち一人一人の想像から、みんなで話し合い、協力し、何も無いところから、
そこにある限られたものだけを使って、みんなで一つの秘密基地を作り上げる。
それを達成した子どもたちの笑顔は、本当に輝いていました。
posted by PENS at 11:49| 報告

2012年11月23日

化石発掘体験ツアー〜2000万年前の地球探検隊〜

こんにちは。瀧口です。
2012年10月28日(日)の化石発掘体験ツアーの報告です。

当日は小雨がぱらつく中での出発となりました。

天気がよければ化石発掘現場でお昼を食べてすぐに発掘を、と思って
おりましたが、小雨のためまずは化石博物館の見学にしました。

s-IMG_3542.jpg
 化石博物館のそばには洞窟(防空壕)もあるので内部から
 地層を見ました。

s-IMG_3543.jpg
 雰囲気あるでしょ。

s-IMG_3595.jpg
 サメの歯? 発掘できるかな。

s-IMG_3623.jpg
 バスの中でお弁当です。元気ですね。

お昼を食べていると、いい具合に雨がやみました。
化石発掘です。

s-IMG_3663.jpg
 ほるよー。

s-IMG_3678.jpg
 このへんちゃう?

s-IMG_3717.jpg
 俺は歴史的発見をするぜ。

s-IMG_3664.jpg
 あったよ。

s-IMG_3665.jpg
 ふふーん。

s-IMG_3682.jpg
 いぇい。

s-IMG_3703.jpg
 にぃー。

s-IMG_3707.jpg
 ゲットだぜ。

s-IMG_3719.jpg
 あったよー。

s-IMG_3721.jpg
 ニッ!

その後、再度化石博物館へ行きました。
今度は自分の掘った化石を持っているので、先ほどよりより詳しく
見ることができます。

DVC00004.JPG
 自分の掘ったものと似たものを探しています。

DVC00011.JPG
 名前がわかったよ。


昔読んだ本を今読むとまたちがう感想を持つのと同じように、
博物館に行くときはある程度の知識を持っていると楽しみかたが
変わります。
展示はただの展示なので、漫然と見るとあまり学びになりません。
特に小学生のうちは。
それが生きた情報になるのは、詳しい解説ができる人がいるときや、
自分自身興味があるときです。

今回お子さんは最初に博物館の見学をしたとき、ザラーッと
全体を見ただけでしたが、化石発掘した後に見学したときは
ちがいました。

自分の掘った化石があります。当然興味があります。
自分の発掘した貝や木の葉の展示のところを熱心に見ます。
博物館の展示で見当たらない場合は、受付の学芸員さんに
聞いたりしていました。食いつきがちがいます。

知ることの喜びを感じるがいい。ふふふ。と私はニヤニヤ
していました。
ちなみに私は大学は理学部の地球科学科というところにおりまして、
地層を専門にしていました。

考えることの楽しさ知ることの楽しさを、みんなに知って
ほしいなと思います。

 瀧口
posted by PENS at 16:32| 報告

スペースアドベンチャー〜キミも宇宙飛行士に!〜

こんにちは。瀧口です。
2012年9月15日(土)〜9月17日(月・祝)の2泊3日で、
スペースアドベンチャーを実施しました。

つくば宇宙センターへ行って、宇宙飛行士の訓練体験をするというものです。

1日目は宇宙センターの展示を見たり館の方から説明を聞いたりしました。
011.JPG
 お約束の記念写真です。

025.JPG
 後ろにJAXAの文字が。

030.JPG
 宇宙センターの方から説明をいただいたり。

044.JPG
 衛星ってどのヘンを飛んでいるの?

072宇宙ステーションの一部分です.JPG
 宇宙ステーションの実物です。(必ず2個作るのでこれも本物です。)

074宇宙ステーションの内部です.JPG
 内部も見せていただきました。

気象衛星ひまわりや補給線こうのとりなど、さまざまなものの見学&説明を
受けました。
ロケットが発射するときの音も聞かせてもらいました。近いと耳を悪くするので、
3kmはなれた地点での聞こえ方という設定です。が轟音でした。

088補給船「こうのとり」です.JPG
 ひとつひとつが大きいんです。


2日目はまず独立行政法人産業技術総合研究所というところで、
最先端の科学技術の見学をしました。
034.JPG
 空手ロボットを見たり。

046.JPG
 癒しロボ人気ありました。

光は通すが熱は通さないガラス、展示物の正面に立つと自分にだけ説明が
聞こえ始めるイアホンなどお子さんは興味深げに体験をしました。

次は科学館「つくばエキスポセンター」です。
072.JPG
 科学センターの前にあるロケットにて。

067再度、エキスポセンターです.JPG
 体験コーナーが非常に充実していました。

夕方に宿舎にもどり、ペットボトルロケットを作り、飛ばしました。
078.JPG
 かなりの苦戦っぷりでした。

20mくらい飛びます。みんな大喜びでした。


3日目はいよいよ宇宙飛行士訓練体験です。

033.JPG
 決まってる?

040.JPG
 行って参ります。

047.JPG
 月面探査機の操縦訓練。地球・月面間の場合信号が1秒後に届くので
 1秒後の位置や状態を予想して今操作をしないといけないので苦戦していました。

086.JPG
 緊急対処訓練。実際にあった宇宙船内での空気漏れ事故を
 シミュレートしたものです。
 空気漏れの箇所を調べています。実際の事故では宇宙船内の
 全てを調べたそうです。指導員さんも真剣です。

068.JPG
 船外活動訓練です。ここにいるのは指示を出したり記録を
 つけたりする人たちです。
 カメラからの映像を見ながら作業を指示します。

060.jpg
 宇宙飛行士役の1名が船外で作業します。イアホンで聞きながらの作業です。
 指示ミスがあると、宇宙飛行士も困ります。

いろいろな役割の人がいて、1つのことが成されていることも感じることができました。

本物は迫力ありました。
テレビや情報はいつでも得られます。では本物の体験はいつ得られるか。
自分でするしかないんですよね。世界の広がり、自分への可能性。
そんなことが感じられる2泊3日になったことと思います。

また、2泊3日ということでグループ同士も仲良くなって非常に楽しかったです。
来年はあなたのお子さんを是非!

 瀧口(たっきー)
posted by PENS at 15:24| 報告